HOME > 目とコンタクトレンズ > コンタクトレンズのメリット

目とコンタクトレンズ

目の構造

見える仕組み

コンタクトレンズのメリット

コンタクトレンズが処方されるまで

コンタクトレンズの種類と特徴

コンタクトレンズを取り扱う前に

定期検査の重要性

よくわかるレンズケア

コンタクトレンズの汚れ

アイメイクの注意

ハードコンタクトレンズのゴロゴロ感

ソフトレンズの消毒

ソフトレンズのタンパク汚れ

レンズケースのお手入れ

目とコンタクトレンズ

コンタクトレンズのメリット

メガネなしの新しい自分、そして度なしメガネやサングラスが楽しめ、オシャレの幅が広がること間違いなし。また強度近視メガネのように、実際より目が小さく見えてしまうといったこともありません。

コンタクトレンズはメガネのようにフレームが無いため、裸眼と同じく広い視界が得られます。

レンズが涙でぬれているため、ラーメンなどの湯気やマスク着用時、また冬に外から部屋に入ったときにもくもりません。

レンズのズレや外れが起こりにくいソフトレンズは、激しいスポーツに適しています。また、広い視界が多くのスポーツをより充実させます。(水泳には使用できません)

メガネでは、左右の視力が大きく異なると、物の大きさが違って見えたり物がダブって見え、疲れや頭痛が起こることがあります。コンタクトレンズの場合はそれらが少なくなります。

強度のメガネは、近視の場合モノが小さく、遠視の場合大きく見えます。またレンズも厚くなるため、見た目や掛け心地が低下します。コンタクトレンズの場合、ほぼ実物大のため見やすいです。

pagetop